FC2ブログ

ハウスの象意の覚え方

ハウスの象意を覚えましょう。

1室・・・身体、容貌、自分自身、幸・不幸、名声、平和、豊かさ、生命、自尊心、出生地・・・うんたらかんたら・・・
2室・・・うんたらかんたら
3室・・・いっぱいある
4室・・・もう覚えるのあきらめた。


こんなふうになってませんか??
象意なんか、いっぱいあって、覚えられるワケない!!!!


なので、1個だけ、各ハウス、1個だけ覚えましょう。
最初はそれで十分です。
その1個から意味を広げましょう。


1室=自分
2室=収入
3室=不安定
4室=心の故郷
5室=智恵
6室=戦い
7室=人間関係
8室=生と死
9室=善
10室=おおやけの顔
11室=欲望の達成
12室=失う

これだけです。これだけ覚えればまずはOKです。
そして、ここから意味を広げていきましょう。

たとえば4室は心の故郷と覚えておけば、
母親、不動産、家、乗り物と他の象意も覚えやすくなります。

6室は戦い、と覚えておけば
試験(他の受験者との戦い)、裁判(訴訟相手との戦い)、借金(借りる相手との戦い)

8室は生と死、と覚えておけば
寿命、慢性病、困難、遺産(死んで生まれるものだから)
悩み(死ぬほど悩む)→研究(悩みが転じて研究で考え続ける)

どうでしょうか。
出来るだけ言葉を覚えるのでなく、ハウスのイメージをざっくりとらえてから、
それに関連付けて細々したものを覚えていくと、いいと思います。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

わかりやすいです。

この覚え方、わかりやすいです。
さっそく、メモ帳に書いておきました。

ありがとうございます。

それはよかったです!
やっぱり根底の象意を覚えておくと、一つ一つの象意が覚えやすい…というか、全てハウスのテーマには一貫性があり、それぞれがリンクしていると思ったほうが良いです。いかにつなげて考えるか・・・が大事です。
この記事はもっとわかりやすく編集しようと思いますので、またご確認ください。
プロフィール

あべ

Author:あべ
インド占星術を勉強する方のためにいろいろ乗せてます。
すみませんが、現在鑑定の受付は一時的に中止しています。

http://www.abejyotish.jp/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ようこそ~~
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR