FC2ブログ

偏った愛情は、最強の煩悩である

ちょっと宗教的な話になります。

私たち魂は、全て輪廻転生を経て解脱(魂がこの世で学ぶことを終えて、神のクラスになり、物質世界でなく神の世界に
生まれ変わること)を目指しています。

解脱に必要なことは煩悩をなくす(つまらんことにこだわって苦しんだり苦しめたりするのを辞める)が必要です。

その煩悩(いらんことへのこだわり)の最も強いもののひとつが愛情の偏りです。

例えば、母親が亡くなったとします。

高いお金を出して葬儀をして、悲しみ、火葬上で泣きながら骨を拾います。

しかしその数時間後には、平気で肉を食べています。母親と同じように、生きていた動物の肉を、です。

母親を殺して肉を食べる人はいないでしょう。でも、牛さんや豚さんは殺しまくって肉を食べています。

つまりはこれが、愛情の偏り、と言わざるを得ません。

私たちは、生きとし生けるもの全てを母親と同じように愛さなければなりません。

肉を食べる時は自分の親や子供、愛する人を殺して肉を食べていると思えるようにならなければなりません。

全ての命は平等です。
(・・・細かいことを言えば、人を殺した場合とハエを殺した場合を比べると、人を殺した方がカルマは何百倍も溜まります。
それは人の方が多くのことを学びながら生きているため、より多くの魂の成長を奪ったことになるからです。)

大嫌いな会社の上司、冷蔵庫の下から出てきたゴキブリ、自分の血を吸って逃げていった蚊、
自分の子供を惨殺した殺人犯でさえ、

全て自分の子供や親や配偶者と同じくらい、平等に愛さなければなりません。

しかし、これは、現実問題、非常に難しいことです。
自分の愛する人を殺した殺人犯ですら、親や子供と同様に愛するなど、人間じゃありません。普通憎みます。

つまりは人間じゃないほど高潔な精神なので、神の世界に生まれ変わる形になります。

・・・というわけで殺人犯すら愛しろとは、さすがに言えませんが、

まぁ~~その辺を飛んでる虫を見て、「汚っ!殺そっ。ハエタタキどこだぁ?」と思わずに、
「あぁ一生懸命生きてるな、かわいいな。部屋の中にいたら死ぬから外に出してあげよ♪」
とか、
ちょっと肉料理は少なめにしよっか・・・と少しだけでもいいので、この記事読んで思ってもらえたら、嬉しいな。
スポンサーサイト



プロフィール

あべ

Author:あべ
インド占星術を勉強する方のためにいろいろ乗せてます。
すみませんが、現在鑑定の受付は一時的に中止しています。

http://www.abejyotish.jp/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ようこそ~~
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR