FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

双子座の機能的吉・凶

双子座ラグナは、
機能的吉・・・水星、土星、金星
機能的凶・・・木星、火星、太陽

トリコーナを支配するから機能吉だ~とか、3.6.11室を支配するから機能凶だ~とかじゃなくて・・・
双子座の性格だったら、木星の性質考えるとそりゃ相性悪いよなぁ~とか、
そういうふうに考えて分類できないだろうか・・・と思って。
ひとまず双子座について検証してみました。


それぞれ何故機能的吉、凶になるのか…

まず双子座ラグナの性質を考える。
賢く論理的、コミュニケーション豊かで良く喋る、適応力が高く、物事を感情をはさまず伝えるのが得意
ざっくり言えば、こんな星座です。

木星が何故機能的凶星になるのか。
木星は、楽観的、高度な知性(論理を超えた世界の知識)、神、幸運、などの象意がある。
双子座のような理屈家は、現実から論理を組み立てるために、
楽観性は廃して考えるし、
論理を超越した世界の知性は理解できない。
神様よりも科学的な考えを優先するため、神様的な信仰とは相性が悪いし、
幸運も、理屈や論理性の双子座にはいらない。運ではなくて、方程式を解くが如くの、
必然性を重要視する。

よって、双子座にとって木星は機能的凶、となるんじゃないかな。

次、火星。
火星は行動、運動神経、情熱、積極性、攻撃性、を司る。
う~ん、知性や論理やコミュニケーションとは明らかに異なる。
よって、火星も機能的に凶星。

太陽はどうか。
太陽はプライド、自己表現、創造性、などを司る。
双子座はプライドも自己表現も特になく、ただ、感情を廃した理屈や論理の世界の住人であり、
自己表現も創造性も、理屈からは生み出せないものである。よって、太陽も機能的凶星。


機能的吉星を考える。

水星はラグナスターだから、当然、吉星となる。

土星は分かりやすい。
土星は現実的な星であり、論理的である。
忍耐、努力なども、論理性を示すためには必要なものであり、抑圧感を受けても論理的には関係がない。
また、土星は平等性、民主主義も表す。
双子座のコミュニケーションや伝達は、正確であり、えこひいきや自分の感情はさしはさまない。
こうした点で、双子座と土星の相性がいいと考えられ、双子座にとって、土星は機能的吉になると言える。

金星が正直分かりにくいところがある。
金星は美しさ、楽しさ、芸術、幸運、を司る。
う~~ん、これらと双子座の象意は相性があうのだろうか・・・。
正確には5室の天秤座を考えればいいかもしれない。
天秤座は、バランス感覚、平等、調和の星座である。
論理性やコミュニケーション、伝達者の双子座にとっては、バランス感覚や平等、調和の感覚が重要だろう。
よって、金星は機能的吉となると考えればよいか・・・ちょっと苦しい?


とまぁ、こんなふうに、各星座について、トリコーナを支配するから機能的吉だーとか、
3.6.11を支配するから機能的凶だーとか単純に覚えるんじゃなくて、
このように、各星座の性質を考えると、この星ってこうだよなーとか考えてみると、
新しい発見があるかもしれない。

もしそういうの考えたら、是非コメント欄に投稿下さい。
みんなで共有して勉強できればと思います。
あべも勉強させていただきたく。

よろしくお願いいたします。



あべへの鑑定依頼はこちらから
あべのページ

スポンサーサイト

星座とナチュラルゾディアック

星座はおひつじ座を始まりとして、おうし、ふたご、かに・・・最後がうお座の順番です。

それぞれの星座の性質は、
火地風水の4属性と、活動・固定・二重の活動性と、支配星の影響からその性質が
分かりますが、他に重要なのがナチュラルゾーディアックという考え方です。

Natural zoodiac。自然の獣帯、です。

おひつじ座は始まりのハウスですから1室的な要素が強い。
自分自身のことに意識が集中し、活発です。

牡牛座は2室的な要素が強い。
2室は収入や食事などを意味しますが、
牡牛座は物質的なもの、豪華のものを好む傾向にあり、美食家の人も多いです。

双子座は3室的な要素が強い。
3室はコミュニケーションのハウスですが、
双子座はコミュニケーション能力が高く、よく喋ります。

蟹座は4室的な要素が強い。
4室は母親、心の落ち着く場所、故郷を表します。
蟹座は母性豊かで、人や動物を育てるのが好きな人が多い。
支配星の月自体も似た象意ですね。

獅子座は5室的な要素が強い。
5室は生み出すもの。創造性を表します。
獅子座は創造性が豊かですね。太陽もまた創造性を示します。

乙女座は6室的な要素が強い。
6室は批判、病気などを表します。
乙女は片方の手に穀物の束を、
もう一方には火を持っていて、この「穀物」と「火」は、
病院や看護を示す。といわれています。

天秤座は7室的な要素が強い。
7室は人間関係ですが、
天秤座はまさに人間関係の調整やバランス感覚に優れる星座です。

蠍座は8室
8室は神秘、オカルト、研究、徹底的追及を示しますが、
これは蠍座の性質そのものです。

射手座は9室
9室は幸運(から来る楽観性)、寛大を示しますが
射手座は木星の影響が強く寛大で、楽観的な星座です

山羊座は10室
10室は高位高官、権力を示しますが、
山羊座は、内側では非常に野心が強く、高い目標に向かってこつこつ頑張れる星座です

水瓶座は11室
11室は広く浅い交友関係を示します。
水瓶座は人々との人間関係に興味をよく示す性質があり、
博愛でありながら薄愛でもある星座です。

魚座は12室
12星座のうち最も神秘的な星座です。
12室は損失、あの世、を示しますが、
魚座は自分と他人を区別せず自分の利益を度外視して人に尽くせる星座です。
これは12室が示す損失につながるでしょう。
また、魚座はイメージや想像の世界に住む住人ですから、
これもあの世のような12室的な部分でしょう。



ラグナがその星座にあるか、もしくはその星座で惑星集中やヴァルゴッタマがあれば、
上記の星座の性質が強くなるでしょう。



別件ですが、
私の鑑定依頼にこられる方、
とっても面白い現象が発生しています。
天秤座ラグナかつ魚座惑星集中の人が多いこと多いこと。
何かそういった人たちをひきつけるような、文章なのでしょうか。
う~~ん実に面白い現象ですね。
インド占星術をするのはそういう人が多いのかなぁ。
ちなみに私は双子座ラグナの8室集中ですからどちらも当てはまりませんね。
あ、でも天秤座から見れば双子座は9室(教師)ですから、
そういった縁があるのかもしれません。
う~ん実に面白い現象です。


あべへのインド占星術の鑑定依頼はこちらから
あべのページ

乙女座

乙女座のシンボルは少女である。
シャイで、純粋で、(本人が世渡り上手であっても)
やや世間知らずな傾向がある。


乙女は片方の手に穀物の束を、
もう一方には火を持っている。
この「穀物」と「火」は、
病院や看護を示す。

乙女座はナチュラルゾディアックで6室を支配する。
6室は「病気」を示す。
また乙女座の太陽は12室「病院」を支配する。
よって乙女座は、病院や看護に関心が出てく
る傾向にある。


乙女座ラグナロードの水星と友好惑星である金星は、
高等な教育を示す9室と、
初等な教育を示す2室支配するので、
乙女座は「教育」関係の学問を学ぶことが好きで、
教師に向く。
木星(教育)が、4室(教育)を支配することも、
教育関係への適正、という傾向を一層強める。


乙女座は仕事に関するスキル向上意識が高い。
ラグナロードは10室(労働)を支配するし、
乙女座自体ナチュラルゾディアックで6室(労働)を
示すからだ。
特に水星が詳細緻密なので、仕事スキルも詳細
なとこまで極めるだろう。


もしアセンダントに高揚水星あれば、
分析力、計算力はかなりあがるだろう。

乙女座にとって、おひつじ座は8室になる。
おひつじ座には、「頭」の意味がある。
この「頭」と「8室」の組み合わせで、
乙女座は他の人が考えないようなことを考え、
人と反対の行動をとる傾向がある。
でも、人が考えてることもきちんと分かっている。
乙女座はひねくれ者でもあるのだ。
3.8室を支配する火星は、乙女座にとって、最悪の
星でもある。



また、乙女座は結婚と子供に少々難あり。
本人がひねくれ者で批判的であることに加え、
水星が7室(結婚)で減衰することと、
5室(子供)支配が土星(土星は年寄りで子供に逆行)で
あることがその原因だ。


食事も好き嫌い激しい傾向がある。
2室支配の金星が、1室で減衰するからだ。


宗教的なことも、ふたご座と同じように
心じゃなく頭で理解しようとする。
9室(宗教)支配の金星(感情)が1室で
減衰するからだ。


light of life 訳

双子座

双子座は、二重星座(可動、不動、二重の二重ね)の中で、もっとも二重っぽい星座だ。
双子は、男の子と女の子を表すので、この星座の人は両方の性質をもっている。


双子座ラグナは金星に特徴がある。
まず金星が5.12支配であるため、子供による支出が多くなってしまう傾向あり。


ただ、5室は「遊び」、12室は「ベッド上の楽しみ」の意味があり、
金星自体も「喜び」の意味があるので、「性的な楽しみ」が双子座には多い。
双子座は男女両方の性質持っているので、異性の気持ちが分かり、
また口も上手いのでモテるのだろう。


全てのケンドラが二重星座となるので、
人間関係や存在そのものに「二重性」を帯びてくる。
特に、職業を表す10室でラグナロードの水星が減衰するので、仕事の経歴について
それが現れやすい。(職を転々とする)


また、5室(芸術)支配の、金星(芸術)が、「仕事」の10室で高揚するので、
芸術関係の職業に興味を持ちやすい。
だが、金星は「損失」の12室支配でもあるので、芸術関係の仕事では成功しにくい。



言葉を操る水星がラグナロードであること、
2室支配の月は変動が激しい星であることから、
ふたご座は口数が多い。
でも、月と水星は敵対星なので、口数の多さ、口の上手さが
災いしてしまうこともある。


双子座はナチュラルゾディアックで3室。3室は「知性」を表す。
双子座の3室支配星が太陽であること、水星が知性の星であることから、
ふたご座は自分の知性に自信があり(実際賢いのだが)、それに頼ることが多い。


物質主義者の土星が8.9支配だし、水星は木星の敵対なので、精神療養(瞑想?)
が双子座は難しい場合が多い。


また水星と敵対の火星が6.11支配のため、(11は6から6室目)、
病気になりがちである。
この傾向は6や11室が表す友達や、年上の兄弟にも通じることである


Lihgt on lifeより

みずがめ座

みずがめ座の支配星は土星(天王星)



みずがめ座のみずがめの中には、さまざまな知識が入っている。
金星は4.9室という二つの教育のハウスを支配し、
ラグナスターの土星は9室で高揚するから、
みずがめ座の人は知識を集めるのが好きなのだ。

また、精神的なことより物質的、科学的なことに興味を持ちやすい。
土星も金星も物質主義者だからだ。
金星は俗世的、物質的であんまり精神的じゃないし、
土星は感情抜きの理屈、厳然たる事実を突きつけるような星だからね。

土星は1.12室支配なので、人生において取得と損失の両方が交互に起こる。
出世も遅いが、みずがめ座は男性星座・固定星座なので山羊座よりはその傾向は薄い。

みずがめ座はナチュラルゾディアックで11室、
みずがめ座自身の11室支配星は木星なので、友人間や学校や会社で、人の興味をひきつけやすい。

また、お金への執着はあまりない。
木星は2.11室とどちらもお金のハウスを支配するが、
木星自体精神的な星で、俗世の欲に興味がないため、あまり自室がアットホームに感じられない。
あと土星自体がお金の意味を持たないってのもある。

みずがめ座は変わり者だが、変わっていることを隠そうとする。



土星の減衰がある場合、土星は3室になるため、
兄弟に対し臆病になり、兄弟が原因での損が多い。
また、火星は土星と敵対星でもある。


今日もLight of lifeの訳でした。
プロフィール

あべ

Author:あべ
インド占星術を勉強する方のためにいろいろ乗せてます。
すみませんが、現在鑑定の受付は一時的に中止しています。

http://www.abejyotish.jp/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ようこそ~~
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。